統合失調症と僕

病気と僕のゆるい日常や考え

1月は目標を立てがち

1月も半分過ぎましたね。

 

お正月は映画やスパに行きました。

サウナの後、水風呂に初挑戦しました。

サウナまた行きたいです。

 

さて、新年は目標を立てがちだと思います。

 

会社員時代は手帳に目標を書いたり、

1年間の予定を考えたりしていました。

 

そうではなくても去年はやりたいことをノートに書いてみたりしました。

 

 

今年は!

あえて何もせず自然体でいきたいと思います。

 

目標を立てない。やりたいことも考えない。

ゆるく暮らしたいです。

 

やりたいことは頭に浮かんだらできる範囲でやりたいと思います。

 

自分のペースで暮らすことが体調をキープするのに大切でしょう。

 

病気で会社を休むということ

統合失調症になってから会社を休むようになりました。

最初は休むことに抵抗がありました。

 

「仕事がたまっているから休めない」

「他の人の迷惑になるのでは」

 

そんなことを考えていましたが。

働ける状態ではないため最初は強制的に「病休」という休みに入りました。

 

病休は3カ月休める制度で入院を含め90日間フルに休みました。

むしろ、3カ月で復帰できたことが今となっては驚きです。

 

統合失調症に限らず病気などで会社を休まざるを得ない人もいるかと思います。

僕は「休めるなら休むべし」と思います。

 

ひとり休んだだけで崩壊する職場はないと思います。

まずは体調優先で回復させましょう。

 

再発を経験した時は「休職」を使いました。

休職は病休と違い数年間休めます。

 

結局フルタイムで働けるまで回復せずに退職しましたが。

休職で休ませていただき体調はよくなりました。

休む日をつくる

今日は予定をキャンセルして休んでいます。

このところイベントの打ち合わせや手伝いで忙しくしていました。

 

統合失調症になってからますます休むことの大切さに気付きました。

疲れやすいので体が重くなってきたらなるべく休むようにしています。

 

昨日はスーパー銭湯に行きましたが疲れがとれませんでした。

 

スケジュール管理をする時には定期的に休む時間をつくるようにしています。

その時間は何もしなくてもいいし、カフェに行ってゆっくり読書したりしています。

 

病気になる前仕事をやりすぎていました。

始業前に早く行って準備をしたり、残業したり。

 

その頃は疲れていたはずなのにあまり疲れを感じませんでした。

疲れを感じ始めた段階で休みを入れた方がいいと思います。