統合失調症と僕

病気と僕のゆるい日常や考え

ドラムの演奏会に参加しました

先日、ドラムの演奏会がありました。

高橋優さんの「福笑い」という曲を演奏しました。

 

バンド形式でギターやベースと一緒にたたくのは楽しいです。

 

ドラムは2年くらい前から始めました。

病気のリハビリにも良いかなと軽い気持ちで入門しましたが。

 

少しずつ上達し、ライブハウスのセッションにも参加しています。

 

統合失調症を再発し何もすることがなく、家にこもりきりの時期がありました。

そんな時。何か趣味をもったり、楽器の演奏やスポーツなどをすると生活に

メリハリができて良いと思います。

 

一日一回は外に出るようにしています。

ドラムの練習でスタジオに行くのが定期的にあります。

 

次はどんな曲を演奏しようか考えるのも楽しみのひとつです。

統合失調症と仕事

統合失調症と仕事について考えてみたいと思います。

7年間会社員をやっていました。

 

会社員2年目に統合失調症を発症してからは休みながらも仕事を続けていました。

体調不良の日は会社のベットで休ませてもらうこともありました。

 

陰性症状に苦しめられたのを覚えています。

 

会社を辞めてからはカフェでお手伝いをしたり、就労継続支援で作業をしたりしました。

 

カフェでの仕事は体力が低下していたこともあり苦労しました。

4時間作業するだけでへとへとになりました。

 

疲れやすいことが常にあったと思います。

 

正直、フルタイムの仕事はきびしいです。

 

現在は就労ではなく、ピアサポーターの活動をしながら生活をしています。

 

自分のペースで生きることが大切だと考えています。

仕事も趣味やその他の活動も無理のない範囲でやりたいです。

 

会社で働くだけが仕事ではないでしょう。

ピアサポーターで講話などを頼まれると少しですがお金をいただくこともあります。

 

最近は「好きなことを仕事にしよう」といった本などもよく見かけます。

 

病気があってもその人らしく生きることはできると思います。

1月は目標を立てがち

1月も半分過ぎましたね。

 

お正月は映画やスパに行きました。

サウナの後、水風呂に初挑戦しました。

サウナまた行きたいです。

 

さて、新年は目標を立てがちだと思います。

 

会社員時代は手帳に目標を書いたり、

1年間の予定を考えたりしていました。

 

そうではなくても去年はやりたいことをノートに書いてみたりしました。

 

 

今年は!

あえて何もせず自然体でいきたいと思います。

 

目標を立てない。やりたいことも考えない。

ゆるく暮らしたいです。

 

やりたいことは頭に浮かんだらできる範囲でやりたいと思います。

 

自分のペースで暮らすことが体調をキープするのに大切でしょう。