統合失調症と僕

病気と僕のゆるい日常や考え

コーヒーとお酒

毎日コーヒーを飲みます。 家の近所にはコーヒー豆を売っているお店が多く選ぶ楽しみがあります。 朝にハンドドリップで飲むコーヒーは贅沢な時間です。 統合失調症になってからお酒は飲まなくなりました。 薬を飲むさいにアルコールに注意とあるので控えて…

体調管理について

毎日体調に変化がないか気を付けています。 眠れなかったり、食欲が低下すると要注意です。 やる気がじわじわ上がっていくのも再発のサインです。 一般的には意欲やモチベーションが上がるのは良いことだと思われるかもしれません。 僕の場合はやる気が高ま…

病気を受け入れるということ

ピアサポーターの活動をしているとよく聞かれる質問があります。 「病気をいつどうやって受け入れましたか?」 病気や障がいを受け入れるのはひとりひとりタイミングが違うでしょう。 僕の場合は自分が統合失調症なんだということは最初の入院が終わったころ…

水泳はじめました

週2回の運動に加えて水泳もはじめました。 家から2駅移動したところにプールがあります。 この季節はとても気持ちいいです。 小学生の頃水泳を習っていたので一応泳げます。 クロールは疲れるので平泳ぎを中心に約1時間プールで過ごします。 前半は水中ウ…

早起きになってきました

最近朝早く起きるようになってきました。 といっても6時30分~7時くらいです。 ここ数年は起床時間が9時30分~10時くらいでした。 寝る時間もはやく21時頃には就寝していました。 なので一日12時間くらいは寝ていることになります。少し寝過ぎ…

ゴールデンウィークですね

大型連休も後半になってきました。 今年は野球を観戦したり、ライブに行きます。 最近、ジャズに興味がありライブハウスに聴きに行くことにしました。 自分自身少し音楽をやるのですが。ジャズは奥が深そうで面白そうです。 今日は午前中体育館で軽めのトレ…

少しやせてきました

糖質制限でダイエットをはじめて50日程経ちました。 体重は約6キロ落ちて60キロになりました。 今回はわりとすんなり減量できたと思います。 最初の1週間はご飯や麺を食べたい気持ちになりましたが、 徐々に糖質を欲しなくなりました。 昔は炭水化物が…

週2回のトレーニング

統合失調症になってから運動不足になりがちでした。 最近は運動不足解消とダイエット目的で週2回運動しています。 徒歩圏内の体育館に行きます。 手帳を提示すると無料になるのでありがたいです。 有酸素運動と筋力トレーニングをします。 バイクとランニン…

統合失調症とダイエット

統合失調症を発症してからとても体重が増えた時期があります。 もともと痩せていたのですが。 50キロ台から70キロ台後半まで増えました。 20キロ以上太りました。 原因は薬の副作用と生活リズムの変化です。 統合失調症と付き合っていくなかで何度もダ…

のんびり生きる

統合失調症を発症してから性格が変わったように思います。 昔は「こうしちゃいられない症候群」でした。 何か取り組んでいるものがないと落ち着かない性格でした。 常に成長し上昇し目標を達成しなければならないと考えていました。 病気が再発してからは「…

ピアサポーターの活動

昨年の秋からピアサポーターになりました。 ピアサポートとは同じ体験をもった者同士が共感し助けあう支援のことです。 「ピア」には「同じ立場」「対等」という意味があります。 ピアサポーターとはピアサポート活動を行う人のことです。 当事者だからこそ…

DOよりもBE

「なにをするか」ではなく、「どうあるか」が大事だと思います。 DOよりもBEを大切に生きていきたいです。 よりよい生活をするために仕事を「する」、家事を「する」、趣味の活動を「する」。 する(DO)、する(DO)だらけで疲れてしまうと思います…

他人と自分をくらべない

統合失調症を発症する前の自分はとても他人を意識していました。 他人と自分を比較していたのです。 仕事では先輩社員と自分をくらべて、 プライベートでは私生活が充実していそうな友人とくらべて。 病気になってからは過去の自分とくらべていました。 (こ…

休息期に入る

2010年に統合失調症を発症しました。すぐに入院をしました。 退院すると休息期(消耗期)に入っていきました。 最初の陽性症状で脳のエネルギーを使い果たしてしまっていました。 ほとんど一日中家で寝ている状態になりました。 思考能力も落ちてしまい…

最初の入院生活

2010年秋に統合失調症を発症した僕は病院に運ばれて、 すぐに入院になりました。 最初の診察を終えるとそのまま保護室に入りました。 保護室とは他の患者から隔離して治療するための部屋です。 陽性症状が強く出ていたためでしょう。 保護室は狭いフロー…

急性期に突入

前兆期を経て、ある日突然急性期の陽性症状がはじまりました。 急性期の症状は以下の3つ 妄想 幻覚 考えがまとまらない 妄想は誇大妄想や「誰かが自分を迎えに来る」といったものでした。 幻覚はテレビに自分しか見えない映像が流れていました。 一番大変だ…

物欲がなくなった

統合失調症になる前は買い物が大好きでした。 学生時代のアルバイト代は洋服などの買い物に消えていました。 社会人になってからも休みの日にはショッピングをしていました。 鞄、靴、洋服、雑貨・・・。買い物がストレスの発散になっていたようです。 最近…

病気の前触れ(前兆期)

僕は2010年の秋に統合失調症を発症しました。 発症より前に病気の前触れ(前兆期)というものがありました。 当時、社会人2年目で毎日全力投球で仕事をしていました。 営業企画の仕事を任されて後輩もできてやる気が十分にありました。 その年の夏頃(…

ネガティブになってもいい

病気を経験するとネガティブになることもあるでしょう。 無理にポジティブにならなくてもいいです。 むしろネガティブな気持ちと上手に付き合っていくことを考えたいです。 僕は朝食を食べ終わった頃にネガティブな気分に襲われることがよくありました。 「…

自分のペースで生きる

僕が統合失調症になって考えた大事なこと。 それは「自分のペースを理解し自分のペースで生きる」ということです。 まず発症すると多くの人は自分自身なにが起きたのか分からず。 理解するのに時間がかかると思います。 自分が病気であるとわかることを「病…

統合失調症発症前の自分

僕は2010年に統合失調症を発症しました。 社会人2年目の23歳の秋でした。 大学を卒業後、新卒で会社に入りました。 大学時代はカフェでアルバイトをしたりサークル活動をしたり。 どこにでもいる普通の学生です。 会社の配属先は実家から離れた地方の…

自己紹介

「統合失調症と僕」というブログをはじめました。 統合失調症という病気になって6年。現在29歳。 いろんなことがありました。 僕の日常や考えを書きたいと思います。 病気になって気付きや学びが沢山ありました。 辛かったこと悲しかったこと。そして嬉し…