読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統合失調症と僕

病気と僕のゆるい日常や考え

統合失調症発症前の自分

僕は2010年に統合失調症を発症しました。

社会人2年目の23歳の秋でした。

 

大学を卒業後、新卒で会社に入りました。

 

大学時代はカフェでアルバイトをしたりサークル活動をしたり。

どこにでもいる普通の学生です。

 

会社の配属先は実家から離れた地方の支店でした。

初めての一人暮らしをしながら毎日一生懸命に仕事をしました。

 

当時と今とでは性格や考え方がかなり変わりました。

 

新入社員時代の僕は肩に力が入りすぎていて自然体ではなかったです。

 

昔の自分

  • 他人と自分を常に比較してしまう
  • 他人からの評価を気にしてしまう
  • 努力家で何事にも全力投球
  • 負けず嫌いで営業成績にこだわる

仕事ができる先輩と自分を比べていました。

マラソンを100M走のように走ってしまいペース配分ができませんでした。

 

仕事に熱中しすぎたことも発症の原因のひとつだと思います。

後輩もできて任される仕事も増えて前のめりな状況でした。

 

職場の人間関係は良好で充実した毎日を過ごしていました。

 

その頃から少しずつ心身に不調がでてきたことを覚えています。